お葬式で必須の数珠

お葬式に欠かせないアイテムの1つであるのが、手に持って使用する数珠です。しかし、このアイテムにどういう意味があるのかを知らない人も少なくありません。数珠とは何のためにあるものなのかを、しっかりと理解して使用しましょう。

お葬式で使われている数珠は、日本で生まれたものではなくもともとはインドで生まれたものです。お葬式では念仏やお題目を唱えますが、それを何回唱えたのか数えるために使用するアイテムというのが数珠の本来の形です。宗派によっても数珠には違いがあるので、さまざまな種類のものが存在しています。

数珠には喪服と同じように略式のものと本式のものが存在します。本式の場合はその宗教に合ったものがありますから、そちらを持っていけば確実ですし、略式のものであれば日本で高い割合を占めている仏式のお葬式に持っていくことができます。数珠は葬式には欠かせないアイテムですが、さまざまな種類があることを理解しどのタイプのものを持っていけばよいのか選びましょう。

何気なくお葬式に持っていっている数珠には、ちゃんとした役割や意味があります。お葬式に関する知識として覚えておけば、いざという時にも役立ちます。恥ずかしい思いをするようなことのないよう、理解しておきましょう。