お葬式の香典

お葬式に呼ばれた際には、香典袋に金額を入れて香典を持っていくことが一般的です。しかし、その香典にも正しいマナーと言うのが存在します。正しい形で香典をお渡しするためにもマナーを知っておくと良いでしょう。

香典袋には表書きをする必要があります。しかし、表書きは参加するお葬式の宗教によっても変わってきます。仏式なのか神式なのか、はたまたキリスト教式なのか参加するお葬式の宗教について知っていればその宗教にあった表書きをします。もしも、宗教がどれなのか分からないという場合は御霊前と書いておけば間違いないでしょう。

基本的に、香典袋はむき出しで持参することはマナーに反している行為となっています。香典袋はふくさに包んで持ち歩くのが一般的で、受付に並び自分の番がきて始めてふくさから香典袋を出すということが正しいマナーです。そのため、香典袋を包むためのふくさは用意しておきましょう。包み方や、ふくさの色に関してもお葬式に合ったものを選びます。

お葬式と深いかかわりのある香典ですが、細かいマナーがいくつかあります。香典をお渡しする際には、上記でご紹介したマナーを実践し正しい形で香典を渡すことを意識していきましょう。