お葬式のお清め塩

お葬式の際に渡されることの多いお清め塩ですが、なぜ渡されるのかやどうやって使うのかを知らない人も少なくありません。お葬式に参加する機会が増えてきたらその意味を知っておくと良いでしょう。

もともと、死というものにいいイメージを持っている人は少ないですが、人は昔から死というものを恐れていました。そしてその恐れから、死を穢れたものという認識を持っていたのです。そのため、お葬式に参加することによって穢れを受けるという考え方がありました。本来の生活に戻るためには穢れを清めなければいけないという考えによって、塩を使って身体を清める考え方が生まれました。

お清め塩の使い方がわからない人も、いるのではないでしょうか。一般的に、このお清め塩を使うのは家の中に入る前です。玄関前などで、塩を胸から背中、足へとかけて身体を清めます。お葬式に参加した際には家に入る前に使ってみると良いでしょう。

古来から身体を清めるために使われてきた塩には、きちんとした意味と使い方があります。そのことについてをしっかりと理解して、お葬式に参加した後にはもらったお清め塩を使用して身体を清めるようにしてみると良いでしょう。また、宗教によってもお清め塩に対する考え方は異なります。