お葬式のお悔みの言葉

お悔やみといえば、お葬式に参加した方々が口にする言葉ですが、遺族に対してお悔やみの言葉を述べなければいけないシーンが存在します。間違った言葉を口にしないためにも、正しいお悔やみの言葉について知りましょう。

お葬式のタイミングというのは、大切な方を亡くし遺族の方は深い悲しみを抱えてる状態です。親しかった人ですと、色々伝えたいことはあるかもしれませんが短めに述べるのが適切です。声のトーンは抑えて言うのもポイントで、何を言うか迷った際にはこの度は誠にご愁傷様でございます、などのポピュラーな言葉をチョイスすれば失礼にあたることもありません。

お葬式の際には、お悔やみの言葉に入れてはいけない忌み言葉というものがあります。不幸が重なるというイメージを持たれるたびたびや、ますますなど、同じ言葉を繰り返すような単語をチョイスするのは控えるようにしましょう。お悔やみの言葉を述べる際にも、この言葉を含めないように注意する必要があります。

お悔やみの言葉は、遺族に対して述べるものなので失礼がないように適切な言葉を述べましょう。一般的なお悔やみの言葉について、事前に知っておくとお葬式に参加した際にも安心してお悔やみの言葉を述べることができます。